毛針ing

趣味の釣りなど

カラマネ (2015/02/26)



X-riteのi1-display pro、導入しちゃいました。


写真をRaw現像しているとディスプレー、プリンターの色が気になってきます。
調べると良いものが欲しくなりますが、それなりの出費でおいそれとは(≧∇≦)

で色々と調べていくうちに、ディスプレーの色を調整する装置を使って普通のディスプレーの調整をするだけでもかなり発色が変わる模様。
具体的な使用例をネットで事前調査した結果、かなり効果がありそうだったので購入してみました。


早速ディスプレーを調整してみると、壁紙の色が明らかに変わりました(; ̄O ̄)
今まで見ていた色は青が強いうえに、明るすぎたようです。
ちなみにiPhoneの色温度は7000Kで、かなり鮮やかに感じるような設定で、僕のディスプレーも同様の傾向でした。(sRGBの基本は6500K。)

写真の色や明るさを恐る恐る確認するとこれも違っています。

そしてブログチェック。
当ブログの青ゲラ、1枚目と3枚目以外は露出を上げたつもりでしたが、かなり暗い(; ̄O ̄)
そしてノイジー(; ̄O ̄)

ブログは色んなディスプレーで見られるので色をキチンと調整しても相手がその通りに見られているとは思えませんが(事実、自分のディスプレーは青かった)、これは参った。

i1-DISPLAY PRO、導入したのは正解でした。他のディスプレーも全部調整していこうと思います。

ちなみにディスプレーが気になった方は、画質チェックで今の状態をチェック出来るので試してみては。


ではまた d( ̄  ̄)




スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 08:00:00|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星降る夜 (2015/02/17)

先日星を撮ったので、少しだけ星景写真の現像方法を調べてみた。
というのも、今まで撮った写真が不満だから。。。

東北へ行くと、夜空に満天の星があるわけですが、写真を撮るとどうも印象と違う。
どうしたら見たイメージに近く現像出来るのか?

今までは、空から落ちてきそうに感じるほど圧倒的な存在感を持った星が、写真にとるとスッカスカでした。
でもネットに上がった星景写真を見ると皆さん綺麗に撮れています。
何か秘密があるに違いないと調べたところ、皆さん、RAW現像ソフトを駆使しているようです。

そこで秋に撮った星景写真を再現像してみました。

まずは岩手の県民の森で撮影した天の川。オリジナル。
星1_ORIG

そしてRAW編集した天の川。
星1_MOD2

これです。 星の数が一気に増えました!
見た感じはまさにこんな感じ。

調子にのってもう一枚。森から見た星。オリジナル。
星2_ORIG

RAW編集後。
星2_MOD1

星が降ってくる~(笑)!


RAW現像、今までは露出やホワイトバランスをちょっといじるだけでしたが、
新たに軸上色収差補正、明瞭度、トーンカーブ、カラーバランス、ノイズ除去などいじってみました。
目的があるのと、見本があったので結構簡単だし面白かった。

今回は純正のCapture NX-D(無料)で現像したのですが、かなり処理が遅いですね。
LigthRoomやCapture Oneに興味がわいてきました。


ではまた d( ̄  ̄)

  1. 2015/02/18(水) 07:00:00|
  2. 星景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオゲラ (2015/02/15)

20150215_153213_DSC_5550.jpg

ミソサザイでも撮れたらと公園へ行きましたが、本日は不発。
モズ、ルリビタキ♂、キセキレイに会えましたが、ミソには会えませんでした。
で帰る間際に、アオゲラが出てきたのでたっぷりと撮らせてもらいました。

高いところを見続けていたので、首が痛くなりました。


20150215_152247_DSC_5493.jpg
いつもコンコンと木をつつく音はすれど葉の陰で写真が撮れないのがアオゲラ。
今日もミソを待っていたら後ろでコンコンと音がしました。駄目元で探したらあっさりと射程圏内に見つけました。


20150215_153154_DSC_5542.jpg
日の当たる明るい場所へも留まりました。 この木は昨年のお気に入りの木。



その後、高い方へ高い方へと移動していくので、ほぼ真上を狙い続けましたが、良いアングルで撮れたと思います。

20150215_153858_DSC_5606.jpg


どおしてそんなに高いところが好きなのだろうか?
20150215_153907_DSC_5617.jpg


20150215_153908_DSC_5622.jpg


目にキャッチライトも入っていい感じです。
20150215_154119_DSC_5640.jpg


20150215_154538_DSC_5645.jpg


20150215_154539_DSC_5648.jpg


20150215_154539_DSC_5650.jpg


ではまた d( ̄  ̄)


  1. 2015/02/15(日) 23:00:00|
  2. アオゲラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

星ちゃん(2015/2/14)

20150215_003224_DSC_5097.jpg

会社の同僚が秦野で星景写真を撮るというので、一緒に行ってきました。
ネットで検索すると上の画像と同じような夜景写真が沢山ヒットします。
これはこれで綺麗なのですが、今回は星景写真をとるそうです。

一足先に着いてみると町の明かりが明るくて、どちらを向いても光害がすごい。
試しに撮ってみましたが、いつもの設定だと昼間のような写真がとれてしまいます。
こんな明るい場所で本当に撮れるのかと思っていましたが、比較明合成という手法で撮影するそうです。

比較明合成では、何枚も撮った写真を合成して一つの写真に仕上げます。
と言われても町の明かりは明るいし、星は暗いし、本当に出来るのかと不思議ですがとにかくやってみました。

kikuchi1.jpg
1発目。星の軌跡が短かったようです。。


kikuchi2.jpg
2発目。軌跡は倍にしましたが、まだ短い。構図も駄目だし、凄くぶれています。
左下の明るい光の帯は月です。

初めて比較明合成を行ってみましたが、優秀なソフトのおかげで簡単に作ることが出来ました。
今回比較明合成に使ったのはkikuchiMagicというフリーソフトです。
JPGファイルを放り込んだフォルダと出力ファイルを指定するだけで、何も設定しなくても自動でやってくれます。
面倒くさがり屋のkimunekoでも使えるところが素晴らしい!

素材が駄目なので、いまいちの出来でしたがこれはソフトのせいではありません。
もっときっちりと撮らないと駄目なようですね。また行ってみたいと思います。



ではまた d( ̄  ̄)


  1. 2015/02/15(日) 18:27:27|
  2. 星景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

キムネコ

Author:キムネコ
FlyFishingのblogです。
釣れた魚を綺麗に写したくて始めた一眼レフだったのですが、
いつの間にか。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
釣り (49)
カメラ (6)
野鳥 (23)
キャスティング (2)
釣り具 (4)
カワセミ (10)
ルリビタキ (6)
ミソサザイ (4)
みさご (3)
ノスリ (1)
ハイイロチュウヒ (1)
星景 (3)
アオゲラ (1)
ヒレンジャク (1)
シメ (1)
アカゲラ (1)
サクラマス (4)
骨折 (4)
アオバト (1)
キビタキ (2)
ノビタキ (1)
クロジ (1)
ヤマセミ (4)
イスカ (1)
ジョウビタキ (1)
タゲリ (1)
ケリ (1)
ヒクイナ (1)
クイナ (1)
チュウヒ (1)
トラツグミ (1)
オジロビタキ (1)
ハギマシコ (1)
ミヤマホオジロ (1)
アトリ (1)
コマドリ (1)
登山 (1)
ソウシチョウ (1)
コミミズク (3)
ニシオジロ (1)
オオマシコ (1)
ナベヅル (1)
本流 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR